HOME

岩手県農業会議は、「農業生産力の増進及び農業経営の合理化を図り、農業の健全な発展に寄与すること」を目的に、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号)を根拠法として昭和29年8月16日に県の認可法人として発足し、平成27年9月に公布された「農業協同組合法等の一部を改正する等の法律」に基づき、平成28年4月1日に一般社団法人に組織変更しました。

 市町村に農業委員会、県段階と全国段階に農業委員会ネットワーク機構が置かれ、これらの組織が連携して「農業委員会系統組織」として法の目的のため業務に取り組んでいます。



【新聞・図書情報】 詳細は、新聞・図書情報 のページからどうぞ 

2017年9月15日
9月28日刊行 農業法人の会計・税務はこの1冊にお任せ 農業法人の会計・税務ハンドブック
   本書では「法人課税のあらまし」として、法人税はもとより事業税、住民税、税制特例のほか、「消費税」の取り扱いも解説。 また、損益計算書や貸借対照表や剰余金処分の留意事項、法人税申告書の作成手順まで、必要な情報を盛り込 … 続きを読む  ...... >

2017年8月15日
8月18日刊行 平成29年度版 農家相談の手引
   農業委員、農地利用最適化推進委員、地域農業のリーダーが農業者から相談を受ける際、制度や施策の要点について説明するための資料集として、あるいは各種研修会のテキストとして活用できます。 第1章、第2章では全国農業図書の … 続きを読む  ...... >

2017年8月10日
8月10日刊行 改訂2版 農家の経営承継と相続税・贈与税納税猶予制度のあらまし
   相続税については、平成27 年の税制改正で基礎控除額が引き下げられたことで、課税対象者が増加しました。一方で、贈与税の納税猶予制度では、平成24 年度の改正で、受贈者が農地を貸し付けても一定の要件を満たせば納税猶予 … 続きを読む  ...... >