農業就業環境整備の必要性

●就業規則

 就業規則は、「職場の憲法」とも言われ、労働者の具体的な労働条件や守らなければならない事項を定めたもので、労働者が常時10人以上いる職場は作成が義務づけられておりますが、職場の秩序を保ち、無用のトラブルを防ぐため、10人未満でも作成することが望まれます。
 また、作成した就業規則は見やすい場所に掲示するなどにより、労働者に周知する必要があります。
 なお、労働基準法を下回る労働条件については、その部分は無効になります。
  
☆就業規則に記載する事項

◆必ず記載しなければならない事項
①始業・終業時刻、休憩時間、休日、休暇、交替就業の場合の就業時転換に関する事項
②賃金の決定、計算、支払の方法、賃金の締切、支払の時期、昇給等賃金に関する事項
③退職(解雇の事由、定年制等)に関する事項

◆定める場合には記載しなければならない事項
①退職手当の決定・計算・支払の方法、支払時期に関する事項
②臨時の賃金等(退職手当を除く)及び最低賃金額に関する事項
③労働者に負担させる食費、作業用品等に関する事項
④安全及び衛生に関する事項
⑤職業訓練に関する事項
⑥災害補償や業務外の傷病扶助に関する事項
⑦表彰及び制裁に関する事項
⑧その他、職場の労働者すべてに適用される定め

◆任意で記載する事項
①服務規律、指揮命令、守秘義務等に関する事項
②人事異動(配転、転勤、出向等)に関する事項
③社員体系、職務区分、職制に関する事項
④施設管理、職場秩序の維持・信用保持等に関する事項
⑤能率の維持向上その他の協力関係に関する事項


≪前のページへ  —- 現在のページ —-  次のページへ≫