【R2.10.29】岩手県農業法人協会、新採用(若手)社員・従業員合同研修会を開催

照井会長の講話の様子

 

ジョブカフェいわてによる社会人力向上セミナーの様子

 

株式会社西部開発農産による農業機械の点検整備講習の様子 1枚目

 

株式会社西部開発農産による農業機械の点検整備講習の様子 2枚目

岩手県農業法人協会は10月29日、会員法人が雇用する新採用(若手)社員・従業員のスキル向上のため、新採用(若手)社員・従業員合同研修会を開催した。

当日は、照井勝也会長の講話やジョブカフェいわてによる社会人力向上セミナーと株式会社西部開発農産による農業機械の点検整備講習を行った。

参加者の感想は下記のとおり

1 法人協会会長の講話について

・「今よりも効率よく早くやるにはどうしたら良いか考えながら仕事をしてほしい」との言葉に感銘を受けた。今後は、改善することを考えながら働きたい

・農業をする若い人達が少ないので、農業の体験などを通じて良さを伝えたい

・県内だけでなく、世界の農業の実情を知ることができて、とても勉強になりました。自分の地域だけでなく、世界にも目を向けたい。

2 社会人力向上セミナーについて

・本日学んだことを活かして、今後はビジネスマナーを心がけながら、関係者とお付き合いしていきます

・人とのコミュニケーションの大切さが理解できたので普段から積極的に交流していきたい

3 農業機械の点検整備研修について

・オペレーターをする上でとても勉強になった

・自分の会社には、講師ができるほど専門的な整備士がいないので、本日の研修内容はとても参考になった

・農業機械の不調の際には、自分で整備しなければならないのでとても参考になります