会長あいさつ

 
 
Sasaki Chairman-pic

岩手県農業会議は、昭和29年8月に創立されて以来、60年を超す歴史を刻み、平成28年4月1日から一般社団法人岩手県農業会議に組織変更しました。
また、平成28年3月7日付けで、岩手県知事から農業委員会法に基づく農業委員会ネットワーク機構として指定されました。

当会議の礎を築いてこられました歴代の役職員、会議員の皆様に敬意を表するとともに、県をはじめ関係機関・団体のご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。

私ども農業委員会系統組織は、農業者はもとより、関係機関・団体が一丸となって、農業・農村の振興に精一杯取り組んできましたが、近年は農業従事者の減少高齢化、耕作放棄地の拡大など、多くの課題を抱えております。

岩手県農業会議は、新たな制度のもとで、「人」と「農地」の課題解決に向け、市町村農業委員会とともに、農地・担い手対策の推進はもとより、国や県等に対して具体的な意見を提出するなど、皆様方の期待と信頼に応えて参ります。

一般社団法人岩手県農業会議
会長(代表理事)佐々木和博